初心者のブログアフィリエイトやり方~ネットでおススメ副業~

ブログの直帰率を改善してアクセスアップしよう!SEO

time

ブログの直帰率を改善してアクセスアップしよう!SEO

そもそもブログを運営しているあなたは、何のためにブログの記事を書いているのでしょうか?大体の場合は、アフィリエイトとか集客のためにブログを書いているのだと思います。

私もその通りで、ブログに以下にアクセスを集めるかという、俗にいう「SEO対策」には日々アンテナを張っています

直帰率とは?

そもそも直帰率とは、ページに訪問して他のページを読むことなくそのままページを離れた(離脱)したセッションの割合のこと。

ユーザーが検索してたどり着いたページが求めているものと違っていると直感されると離脱されてしまします。離脱をされてしまうとグーグルさんは、役に立たないろくでもないページだと判断して評価を下げてしまいます

直帰率を下げる重要性

ユーザーから多く求められているページをグーグルさんは検索順位の上位に表示すると言われています。そのため、ユーザーが求めている、役に立つ情報がページに書かれていると読まれることで、直帰率、つまりページから離脱される確率を下げることができます。

直帰率が下がれば、有益なサイトとグーグルさんが判断してくれて上位表示されるようになるわけです。

ユーザーが離脱する第一の原因は、ユーザーが検索したワードとページの内容が違っていることが大きな原因になります。そのため、検索されるキーワードとページの内容の統一性が求められます。

極端な例ですが、「サッカー 魅力」と検索してユーザーがたどり着いたページが「野球」のことが書かれていたらどうでしょう?すぐにサイトを閉じて、再検索しますよね。

ユーザーがサイトのページから離れる(直帰率)原因と改善方法

読みやすさが直帰率に影響される

実際にあなたがどのようにキーワードで検索したページにたどり着いた時に、すぐにページを閉じてしまうかという事を思い起こせば、大体のことは分かると思います

たどり着いたページのファーストビューの2~3秒で「このページを読み進めよう」と決めていませんか。

文字ばかり書かれているページは読む気が薄れてしまい、すぐにページを閉じて再検索してしまいます。

やはり、写真もその一つで、文章も読みやすいというところに留意してページ(記事)を作られければなりません。人に見せる、読ませるという事を意識して、読みやすいページを作ることが大切です。

また、スマホの普及でインターネットで検索して調べるということを7割以上の人がやっているので、パソコンでブログを書いたとしても出来上がりはスマホでも読みやすいということを意識して作らなければなりません

1ページがあまりにも長いと、スクロールも大変でページ途中で離脱されてしまいますので、適度な長さでしっかりと情報を伝え、ユーザーの役に立つページを作る必要があります。

あまりにも長くなってしまったら、2つに分割してリンクでつなぐという方法もあります。リンクはSEO対策でも有益な方法なので、逆にこの方法を試しても良いのかもしれません。

ページスピードも直帰率に影響される

こんな経験をしたことはありませんか。検索してたどり着いたページを開こうとしたらなかなか開かない、時間がかかると思ったら閉じてしまいませんか。

このページが表示される速度(ページスピード)も直帰率に大きな影響を与えています。

このページスピードを遅くしている主な原因が画像のサイズです。画像サイズが大きいとページを表示するのに時間がかかります。一昔前だと、グン・グン・グン!みたいな感じで画像を読み込んでるぞ!的な表示をされていました。

そんなページが全部表示されるのを現代の人は、待ってくれません。サクサクとページが開いて読めるという事が大前提になっています。

まとめ

「ブログの直帰率を改善してアクセスアップしよう!SEO」について書いてきましたが、今回はあなたも経験していることなので状態としては分かって頂けると思いますが、如何にどのようにして直帰率を下げれば良いのか?を考えながらサイト運営をしてください。

人に聞けない「最新SEO対策」は?やることは3つだけ!