初心者のブログアフィリエイトやり方~ネットでおススメ副業~

2021年のSEO対策:Googleに高評価されるための基本『原点回帰』

time

2021年のSEO対策:Googleに高評価されるための基本『原点回帰』

Googleさんの度重なるアップデートで色々なSEO対策の手法が効かなくなってきています。一昔前だと自作のサテライトサイトからリンクを送れば上位表示されるというようなこともありましたが、今はそのようなことはないです。

そもそもGoogleさんに高評価をもらうためには、原点回帰です。

そもそもSEO対策とは?

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において、特定のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。(参照:Wikipedia)

SEO対策の歴史

1997年頃からSEO対策という手法が始まりましたが、色々な人が試しに試してたくさんの情報が世の中(ネット業界)に溢れていましたが、専門的な知識がない一般人からしてみるとネット検索して「SEO対策」と調べてみると有料の情報商材などが溢れて「SEO対策」が商売になっている時代でした。

確かに当時はその手法を用いればGoogleさんが評価してくれて検索の上位表示をしてくれていましたが、何度かあるアップデート(これは大変なことでした)によって、今まで通用した手法が通用しなくなるというか、逆にGoogleさんから嫌われて圏外に飛ばされるなんてこともあったようです。

しかし、今も昔もGoogleさんはユーザーに役に立つコンテンツを提供するということは一貫していますので、ユーザーに求めらえる・好かれることが何よりも重要なことです

SEO対策の第一歩

SEO対策とうかユーザーに求めらるための第一歩は「タイトル」になります。私たちもキーワードで検索して時に記事のタイトルが気になるとクリックしてページを見に行きますよね。

それこそが今のSEO対策なのです。とは言え、他の要因もありますがそれについては後述します。

記事のタイトルはお店に例えると看板のようなものです。

あなたのサイト記事のタイトルは、ユーザーが興味をそそるようなタイトルになっていますか?検索画面でちゃんと伝えたいことが見えていますか?

検索画面で伝いたいことが見えているというのは、検索画面ではタイトル全部が表示さえるわけではありません。概ね30文字前後、28~32文字しか表示されませんので、その文字数の中に伝えたい内容を込めたいないと、ユーザーはクリックしてページを読んでくれません。

SEO対策:記事タイトルに勝る対策はない!

記事タイトルは、第一関門でとても重要な部分なのでそこに注力してタイトルを決めましょう。

記事タイトルに書かれていることを人間はもちろん、Googleさんも見ています。この記事はそのような人に向けたページなのかを判断しています

ページのタイトルが狙いたいターゲットに向けた内容(キーワード)になっていますか?しっかりとタイトルにターゲットに刺さるキーワードを入れましょう

SEO対策:タイトルの3か条

(1)タイトルは「実際に検索で利用されるキーワード」を入れる

(2)順位を上げたいキーワードをなるべく冒頭に入れる

(3)28~32文字以内の文章にする(単語のみの羅列はダメ)

こんなことは以前から「分かってるよ」と思うような内容ですが、これば「原点回帰」です。

ごちゃごちゃした手法をするよりも、上記の事を基本に考えてタイトルを決めることです

まとめ

2021年のSEO対策:Googleに高評価されるための基本『原点回帰』について書いてきましたが、言葉のとおりで原点に戻りましょうという事です

上記しましたが、タイトルにキーワードを入れる、上位表示を狙いたいキーワードを左に、28~32文字にする・・・耳にタコができるくらい聞いてきた内容になります。

なお、ブログの推奨文字数は500文字以上と言われています

文章内のキーワード数(出現率)をチェックしたい!無料SEO対策ツール3選