グーグルから『良いサイト』と評価されるための誰でも知っている〇〇な手法とは。

ネットビジネス

ネットビジネスの成功を手にするためには、検索順位をいかに上位表示させるかということに躍起になっていました。それが、ブラックハットSEOだったり、ホワイトハットSEOでしたが、グーグルさんも頭が良くなってきていますので、ブラック的な色々なSEO対策を駆使してもバレてしまい、順位を下げてきています。それでは、これからの時代にグーグルさんから『良いサイト』と評価されるためには、どのような手法があるのか、お伝えします。

スポンサーリンク



グーグルに対するSEO対策

SEO対策には、「ブラックハットSEO」と「ホワイトハットSEO」の2通りが知られています。それらの違いを簡単に言うと「被リンク」をどのように取得するかの違いです。

ここで、被リンクについて少し説明しますが、上位表示させるためのSEOの大事な要素になっています。あなたのサイトが他のサイトからの被リンクの数が上位表示させるためのものです。

本来、「良いサイト」は数多くのサイトから「被リンク」されるという現実から、グーグルさんが採用してきた仕様でしたが、その仕様に対して、意図的に被リンクを送るという手法を巧みに利用して、「自作自演の被リンク」を行って、グーグルさんの評価を上げるという手法が流行ったいましたし、実際に結果が現れていました。

メインサイトに対して、たくさんのサテライトサイトから自作自演で「被リンク」を送るということでしたが、ここらあたりもグーグルさんに見破られるようになったのです。しかし、しっかりとした良い記事=役に立つ情報を発信しているサイトであれば、このような自作自演をしなくても他の人から被リンクを貼ってもらえるものです。

グーグルは進化している

あなたは、ペンギンアップデートという言葉を聞いたことがあると思いますが、グーグルさんの検索エンジンが年々アップデートされています。こちら側が一生懸命にSEO対策を施してきても、ブラックハットSEOで上位表示されていたサイトが削除されるということも起きています。

メインサイトに対するサテライトサイトを100個作って、被リンクを貼るという、時間と労力を費やしたサイトがグーグルからペナルティを受けてしまうと、それまでの苦労が水の泡になってしまいます。それなので、正攻法でグーグルさんと戦うことを始めませんか。

グーグルさんが評価をしてくれるサイト=「良いサイト」=役に立つ情報を届けることを留意することです。役に立つ情報が書かれているサイトは、読んでもらえるので、サイトの滞在時間も長くなり、これも上位表示させるためにも重要な要因になります。

そして、良い情報を発信しているサイトは、被リンクも貰えるようになりますので、実作自演ではなく、実際に読まれているサイトとなってきます。そうすれば、何もしなくてもグーグルさんから良い評価が得られて、上位表示されます。サイトの中に、このような役に立つ情報がたくさんあって、読まれているサイトなら、1位表示も夢ではないのです。

グーグルの理念を真正直に

グーグルさんの理念を見ると、『Googleの使命は、世界の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること』と書かれています。すなわち、「検索してきたユーザーに対して、最適な情報を提供すること」と解することができます。

「キーワードはタイトルの左側に」とか、「記事の始めの方にキーワードを」とか、「本文内にキーワードを散りばめる」など、これは「ホワイトハット」の手法です。また、自作自演で被リンクを貼るという手法が、「ブラックハット」になります。

今まで説明をしてきて、「ピン?」と来た人もいると思いますが、ユーザーが求めるサイトは、アクセスが集まっていて上位表示されているということです。

分かりやすい説明だな~と、思いましたのであるサイトに書かれていた例を示してみます。

あなたが知らない町でラーメン屋に入ろうと思った時に、目の前に2件のラーメン屋さんがあったとします。
A店は行列ができていて、B店はガラガラ。
普通は、行列ができているA店を選びますよね。
グーグルも同じです。
Aサイトの方がアクセスが多ければ、Aサイトが人気があるサイトとしておススメしますよね。つまり、「アクセスの多い方を上位表示する」というアルゴリズム(考え方)が生まれるのです。

あなたがやるべき事

今までもお話してきましたが、グーグルさんのアルゴリズムは日々(大袈裟ですが)、進化しています。そのグーグルさんに「裏技」的な手法で臨んでいると、いつまでたっても鼬ごっこになってしまいますので、あなたがやるべき事は、『良いサイト』作りです。

そこで、最近よく目にする検索エンジンの傾向を書いてみます。

1 一次情報が書かれている

これは、他の人が書いていない世の中に初めて出てきた内容のサイトです。過去にたくさんの同じ内容のものがあれば、後発では太刀打ちできません。新しい情報を発信できれば最高ですね。

2 オリジナルサイト

記事を書くのは大変な労力と時間を要します。以前では、既存の記事をリライトしてサイトを量産するという手法がありましたが、ここら辺もグーグルさんにはバレています。完全オリジナルの情報を発信しましょう。オリジナリティを意識すると、自分の体験を書くことです。

3 フェイスブックのシェアが多いサイト

フェイスブックからシェアされているサイトは、上位表示されやすいということが書かれていました。また、ツイッターについては関係性を認めていませんでした。

4 コメントがついている記事

これは、良くお分かりになると思いますが、しっかりと記事を読んでくれているという事になります。興味を引く記事が書かれているので、自分の感想をコメントに書こうと、コメントしてくれるのです。

まとめ

グーグルから『良いサイト』と評価されるための誰でも知っている〇〇な手法とは、について書いてきましたが、お分かりいただけましたでしょうか。そうです、キーワードをしっかりと抑えて、そのキーワードに即した内容の記事を、書き込めば、グーグルさんが「良いサイト」と評価してくれるようになりので、アクセスも集まるようになり、自然と検索エンジンで上位表示されるようになります。

「あなたがやる事」に書かれていることをしっかりと行うことで、『良いサイト』を作ることができるようになります。是非、チャレンジしてみてください。とは言っても、すぐには結果が現れませんので、1か月位はしっかりとしたサイトを作り込む努力をしましょう。

間違っても自作自演は、止めましょう。同じIPアドレスからのリンクって不自然ですよね。そのことはグーグルさんにも見破られます。

スポンサーリンク



',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count