ユーチューブアドセンス初心者へ 3つのポイントさえ押さえれば大丈夫!

ユーチューブ

ユーチュブで顔出しなし、声出しなしで動画を作ってアドセンス広告で収入を得るためには、ただ動画を作ってアップロードするだけでは、動画の再生回数も伸びないため、収入はあがりません。

そこで、初心者にもできる3つのポイントをお伝えしていきますので、順にあなたも実際に動画を作ってみてください。

関連動画対策

ユーチューブを見る時に、あなたはどこから見ますか?関連動画から見る方が多いと思います。それで、その関連動画に表示されるための施策として、関連動画対策というのがあります。

1つの方法としては、初めのうちはチャンネル登録者も少なく、動画の再生回数も少ないので、あまり高望みせずに、再生回数100回前後の動画の関連動画として表示されるようにする方法です。

それは、あなたが作った動画の説明欄に、関連動画に表示してほしい動画のタイトルとURLを貼っておきます。できれば5つ位貼っておくことをお勧めします。

もう一つの方法は、タグ設定です。最近ではあまり効果がないと言われていますが、やらないよりかやった方がよいのでここに書きます。談連動がに表示してほしい動画のタグをそのまま、パクってしまうのです。

関連動画のタグをパクる方法

関連動画のタグをパクる方法は簡単です。ユーチューブで動画を再生している間に、ページのどこでも良いので右クリックをして、「ページのソースを表示」をクリックしてみてください。その中の「meta keyword:」という場所を見つけます。そこに書かれているのが、その動画のタグです。

そのタグを見つけたら、すべてをコピペして、あなたの作った動画のタグにそのまま貼り付けてしまいます。あまり数が多いといけませんが、30前後は大丈夫です。

サムネイル画像

あなたは作った動画のサムネイル画像はありますか?ユーチューブの関連動画に表示されたときに、サムネイル画像があるのとないのとでは、クリックされる率が大きく違ってきます。

画像+文字でサムネイル画像を作りましょう。そして、複数の動画を作った時には、統一性のあるサムネイル画像にしておきましょう。一目であたなの動画に引き込むための看板のようなものです。興味を引く看板(サムネイル画像)を絶対に作ってみましょう。

再生リスト

ユーチューブ動画を作ったら、再生リストを作りましょう。動画のタイトルと同じ名前の再生リストはスパム扱いになるらしいので注意が必要ですが、1動画に1再生リスト、そして、関連動画を9個。

あなたが作った動画の再生リストに、他の人の動画を再生リストに入れるのです。最初のうちはこの作戦が功をそうするはずです。お試しあれです。

終わりに

顔出し、声出しなしで動画を作って、世の中の人にたくさん見てもらい、アドセンスで収入を得るためにも色々な施策がありますが、最低限、上にあげた3つのポイントは押さえておきましょう。

どうしても初めのうちは、チャンネルの力も弱いので再生数も伸びませんが、ある日突然動画の再生するが伸びることになります。そうしたら占めたものです。そこからはうなぎのぼりに再生数も伸び、アドセンス収入もどんどんと伸びていきます。

スポンサーリンク



',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count