YouTubeで初心者が稼ぐ方法を無料で公開!ちょっとした工夫を暴露しちゃいます!

ユーチューブ

YouTubeの大きなメリット

初心者が最初に取り組むのに持って置きなのが、Youtubeです。Youtubeは、始める時の初期投資がほとんど必要ないことです。動画作成等も無料でネット上で探すことができます。

また、Youtubeは動画としてアップしてしまえば、変なことをしてアカウントが削除されない限り、ネット上での資産になります。資産になるということは、一つの動画を作って、再生回数が爆発すれば、極端に言ってしまえば10年前に作ってYoutubeにアップしたとしても、再生され続ければ、資産価値となります。

また、世界中でたくさんの動画がアップされているので、参考になる動画やチャンネルも簡単に見ることができますので、そういった再生回数が多い動画やチャンネルをちょっと真似するだけで、初心者でも爆発再生が可能なのです。

確かにブログも資産化すると言われていますが、そのスピードが違います。ブログの場合には初心者だと、Googleさんに見つけてもらうのにも2~3日かかりますし、検索結果の上位表示するのも一苦労というか、初心者にはとても難しいのです。

しかし、Youtubeは、「関連動画」という初心者にとっても動画の再生回数と伸ばすための手立てが最初から備わっているので、そんな便利な機能を使わない手はありませんよね。

顔出し、声出し、撮影不要

ユーチューバーで有名なひかきんさんなんかは、顔も出しているし、声も出し、カメラで撮影して動画をアップしていますよね。専門的なCMのようにきれいに見ることもできます。

しかし、顔出し、声出し、撮影をすることなく動画を作ってしまえば、ユーチューバー越えの収入を得ている人もいるのです。私は、まだまだそのレベルには達していませんが、月数万円は、Youtubeの動画再生で稼ぐことができています。

初心者でも簡単にできる、グーグルアドセンス広告を動画に貼っておくだけで、動画を見た人が興味を持ってアドセンス広告をクリックしてくれれば、ただただクリックしてもらえれば、1回あた平均30円の収入を得ることができるのです。

前述しましたが、1度アップした動画は資産としてネット上に残っていますので、最近再生されなくても、いつか何かの拍子で再生が爆発するなんてことも大いにあるのです。それがYoutubeなのです。

ちょっとした工夫

初心者がYoutubeで稼ぐ、ちょっとした工夫は、「関連動画」対策です。あなたが作った動画が、再生回数の多い動画の「関連動画」に表示されれば、多くの再生回数を得られる可能性があります。

その「関連動画」対策についてですが、あなたが作った動画と同じジャンルの再生回数の多い動画のURLを、あなたの動画の説明欄に貼っておくのです。そうすることで、「関連動画」に表示される可能性が大になります。

終わりに

Youtubeを見たことがないという人は、いないと思います。しかし、自分で動画を作ってYoutubeにアップロードしたことがある人は、まだまだ少ないのが現状です。しかし、最近ではピコ太郎とかでも紹介されていましたが、動画の再々回数で小遣い稼ぎができるという話題が広がっています。

簡単な方法で、しかし、しっかりとした方向性をもってYoutubeに動画をアップロードすれば、初心者でも稼ぐことができます。それが、Youtubeなのです。

スポンサーリンク



',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count