トレンドブログで記事を書く7つのポイントを伝授しましょうか?【初心者】

ブログアフィリエイト

1記事の文字数を意識する

ちょっと前は400文字から600文字と言っていましたが、 最近では、1000文字以上を推奨します。 最近では、ライバルのサイトよりも文字数を増やす。 これが評価の対象になっているとも言われています。 薄っぺらい記事をたくさん作っても無駄です。

記事内に記事の内容に準じた画像を使用する

文字だけよりも画像を使用した方が検索されます。人によっては、画像目的で検索してくる人もいるようです。「~の整形画像」「~のすっぴん画像」とか。 しかし、貼りすぎるのはしつこくなってしまいますので、1記事には3画像位にしておきましょう。もちろん著作件には注意をはらってくださいね。

記事として読みやすい体裁作りを徹底する

読みにくい記事は読者が読み進んでくれませんよね。だから滞在率も低くなり結果的に低評価になってしまいます。 適宜に改行したり、文節をしっかりと区切るとか。一工夫が必要です。また、文字への装飾もアクセスアップにつながると言っています。文字を赤くしたり、太字にしたり、下線を引いたり。
しつこくならない程度に、読みやすい記事にしましょう。

狙うキーワードは適度に散りばめる

ブログのタイトルは重要です、タイトルのみならず記事内にも適度に狙うキーワードを散りばめることでも上位表示されることがあります。メインキーワードだけではなく、関連キーワードなども あくまでも文章内に自然に埋め込むという意識を持って記事をかいていきましょう。あまりにも不自然にキーワードを散りばめたりするとスパム扱いとなってしまいますので注意しましょう。

家族や子供に見せても不快にならない内容の記事を書く

過激な文章や画像はグーグルさんからも嫌われてしまいます。言葉遣いは注意を払い誰が読んでも不愉快にならないような記事にしなければなりません。どうしたらよいのか?それは規約を十分に理解して記事を書くことです。

リライトはできる限り、引用もやりすぎない

文章が書けないからといって既存の記事をリライトするようなことはやっていませんか。こんなことをやっていては記事を書いた人にも失礼になります。確かに世に出ていて人気のある記事は魅力的ですが、 オリジナリティが重要です。あなたの体験なども記事内に盛り込むことでオリジナル記事になっていきます。どうしてもその記事の文章が必要なら「引用」という手段はありますが、あまり多く引用を使わない方が良いでしょう。

記事の更新頻度・記事数はライバルよりも多くを意識する

毎日、記事の更新をするということを念頭においてしっかりとブログ運営をやっていきましょう。最低でも1日1記事は当たり前のようにできるように習慣づけしておきましょう。上位表示されるためにも、更新頻度は重要です。1か月も更新されていないブログはダメなブログと判断されてしまい、アクセスもなくなります。1日1記事と書きましたが、時間があれば3記事でも書くことが出来れば100記事にもなりますので、ブログが強くなります。継続は力なり。

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count