ツイッター自動つぶやき twittbot – 簡単にbotでアフィリエイトで稼ぐ

ネットビジネス


ツイッターを使ってアフィリエイト報酬を稼ぐ方法があります。その名も、「ツイッターアフィリエイト」と言います。140字に込めたつぶやきをたくさんの人にフォローしてもらい、フォロアーを増やしていくことでアフィリエイトを導入すれば、稼ぐこともできます。そこで、初心者がツイッターを始める手順を順に説明していきます。

ツイッターのアカウントを作成するためには、メールアドレスと電話番号が必要になりますので、まず、メールアドレスを取得する方法から説明します。

メールアドレスの取得方法

メールアドレスは、普段お使いのメールアドレスとは別に取得しましょう。Yahoo!メールやGmail、どちらでも構いません。今回は、Gmailのメールアドレスの取得方法を説明していきます。まず、Googleアカウントを作成します。

Googleアカウント作成

・名前
・ユーザー名
・パスワード
・生年月日
・性別
・電話番号(携帯電話番号)
・現在のメールアドレス(入力不要)を入力して、[次のステップへ]ボタンを押す

・プライバシーと利用規約に同意……利用規約を熟読して[同意する]ボタンを押す

・アカウントの確認……携帯電話のメールアドレスを入力して、[次へ]ボタンを押す

・アカウントの確認……登録したメールアドレスにGoogleより、6桁の確認コードが送信されてきますので、確認コードを入力して、[次へ]ボタンを押す

・「ようこそ」画面が表示されますので、メールアドレスなどを確認します

これで、Googleアカウントが取得でき、同時にGmailアドレスも取得できましたので、次にツイッターのアカウントを作成する方法を説明します。

ツイッターのアカウントを作成する

ツイッター

・[アカウント作成]ボタンを押す

・呼び名(ニックネーム)
・電話番号またはメールアドレス
・パスワード を入力して、[アカウント作成]ボタンを押す
※メールアドレスおよびパスワードは、Googleアカウントと同じで良い

・国(日本になっていることを確認する)
・電話番号 を入力して、[次へ]ボタンを押す
※電話番号を追加すると、アカウントが安全に保護され、友だちとつながることができて、簡単にログインすることができます。

電話番号を確認してください、という画面が表示されます。

・お持ちの携帯電話に確認コードが送信されますので入力して、[認証する]ボタンを押す

ユーザー名を選択してください、という画面が表示されます。

・ユーザー名を入力して、[次へ]ボタンを押す

これで、ツイッターのアカウント設定ができました。[さあ、はじめよう]ボタンを押す

あなたのメールに「ツイッターアカウントを確認してください」というメールが届きますので、メール内の[確認します]ボタンを押す

すると、アカウントの確認が終了し、いよいよツイッターの世界の始まりです。プロフィールやヘッダー画像をカスタマイズしてお気に入りのツイッター・マイページを作りましょう。

ちなみに、私のツイッターページです。

 

twittbotにログインする

twittbot – 簡単にbotを作成

無料で twitter で自動でつぶやくボットを生成できます![LOGIN]ボタンを押す

画像認証画面が表示されますので、表示されている数字(今回の場合:45)をプルダウンで指定して、[送信]ボタンを押す


※事前に自身のツイッターにログインしておいてください。

この画面が表示されたら、[LOGIN]ボタンを押す

twittbot.netにアカウントの利用を許可しますか?という画面が表示されますので、自身のツイッターアカウントであることを確認して、[連携アプリを認証]ボタンを押す

ユーザー登録が完了しました。

twittbotでツイッター自動つぶやき設定

[つぶやき]ボタンを押す

twittbotは、最高700個のつぶやきを自動設定できます。1つぶやきは140字以内。つぶやく文字を入力したら、[つぶやき追加]ボタンを押すと、設定した日時に自動的にツイッターでつぶやいてくれます。このつぶやき部分にアフィリエイトを設定しておけば、何もしなくても自動でツイートしてくれます。自動化です。

twittbotでツイートの日時自動設定

[詳細設定]ボタンを押す

・つぶやき状態(つぶやく/つぶやき停止)
・TL返信(TL返信する )
・つぶやき順番(登録順でつぶやく/ランダムでつぶやく)
・つぶやき間隔(30分間隔/1時間間隔/2時間間隔・・・12時間間隔/24時間間隔)
・返信設定
・返信制限設定
・夜間のつぶやき停止(0時~7時の間、つぶやきを停止)
・ハッシュタグを付ける
・自動フォロー返し(自動でフォロー返しする ※12時間毎に実行されます)
・このサイトのプロフィールリストに表示する(表示する/表示しない)
・投稿元リンク   などなどが設定できます。

※始めは、つぶやき順番と、つぶやき間隔の設定、夜間のつぶやき停止くらいにしておきます。慣れてきてから他の設定をしましょう。設定が終わったら、[設定を更新する]ボタンを押す

まとめ

twittbotは無料で使える優れたツールです。一度設定しておけば、何もしなくてもツールが自動的にツイッターにツイートしてくれます。ただ、最初の設定は自身で行わなければなりません。Googleアカウントの設定とメールアドレスの取得、Twitterアカウントの取得、twittbotの設定、それだけで自動化できますので、便利なツール、それも無料で利用できるツールなので活用してください。

スポンサーリンク



',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count