Facebook広告の基本-広告の目的を適切に選択する-アフィリエイト小学校

アフィリエイト小学校のaffiliate.ppcです

広告の目的を適切に選択する

Facebookには、それぞれの目標に適した広告のタイプが用意されています。

広告を作成する前に、まずビジネスの目標を考えます。適切な目的を選ぶためには、何を達成したいのかを把握することが重要です。広告の目的とは、広告を見た利用者に実行してもらいたいアクションのことです。

達成したい目標に最適な広告の目的を見つけましょう。

(1)広告の目的を適切に選択する

l  認知: 商品やサービスに関心を持ってもらうための目的です。

l  検討: あなたのビジネスを選択肢に加え、もっと詳しく知りたいと思ってもらうための目的です。

l  コンバージョン: ビジネスに関心を示したターゲットに、商品を購入したりサービスを利用したりしてもらうための目的です。

(2)自社のビジネスに適した予算を設定しましょう。

広告を作成する際には、予算を設定します。つまり、広告を表示するために費やす金額のことです。

広告は、同じオーディエンスへのリーチを目指している他の広告と、掲載を競います。自社の広告がオークションで勝ちやすくするためには、十分な予算と掲載期間を設定することです。

目標

l  ウェブサイトへのビジターを増やす

l  顧客と1対1のコミュニケーションを取る

l  投稿をより多くの人に見てもらう

l  ページへの「いいね!」を増やす

l  店舗への来訪者を増やす

l  サービスの予約を増やす

(3)優れたクリエイティブで注目を集める

適切なメッセージとキャッチーなビジュアルで広告を目立たせることで、利用者の目に留まりやすくなり、行動を起こしてもらえる可能性が高まります。

テキスト

簡潔にして、宣伝する内容がはっきり伝わるようにしましょう。最も重要な情報をリード文に含めます。メッセージが途中で切れないように1文を短くし、全体は長くても2~3文に留めます。

画像または動画

解像度が高く、テキストでのメッセージを補足してくれる画像を使います。コントラストの効いた明るい配色や目立つ色の背景を使用して、オーディエンスの注意を引きつけましょう。

見出し

短く明快に心がけ、何の広告なのか一目で理解できるようにしましょう。

コールトゥアクション

可能でしたらコールトゥアクションボタンを追加して、予約や登録など、ビジネスにとって重要なアクションを促しましょう。

(4)Facebookで最適なオーディエンスを見つける

広告を見てほしい人のことをイメージします。

地域、年齢、性別、言語、興味・関心などの要素を使い、理想のオーディエンスを選びましょう。

ターゲットを絞りすぎることは避けます。

オーディエンスを200万~1,000万人の間に収めると、期待に沿う利用者が見つかりやすくなります。

(5)広告作成後のプロセスについて

広告を送信すると、Facebookによる広告審査プロセスを経て、広告が承認され、いよいよ掲載が始まります。

その結果から学んだことをもとに、次回のキャンペーンに向けて改善の計画を立てましょう。小さな変更でも、広告パフォーマンスが大きく変わる可能性があります。

アフィリエイトとは?仕組み・始め方・やり方

アフィリエイトとは?在宅ワークで稼ぐ副業・ネットビジネス

アフィリエイトは在宅ワークで稼ぐ副業・ネットビジネス

アフィリエイトサイトの作り方は?仕組み・始め方

PAGE TOP