Twitterをできる限り安心してご利用いただくため、ロボットでないことを証明するよう求められることがあります

問題の詳細

Twitterをできる限り安心してご利用いただくため、ロボットでないことを証明するよう求められることがあります。

必要な手順

ツイートに戻るには、[始める] を選択してロボットによる操作でないことを証明してください。

アカウントでTwitterルールに違反する自動化された操作が見られた場合、Twitterではアカウントをロックしたうえで、あなたがアカウントの正当な所有者であることの確認をお願いすることがあります。

Twitterルールに違反している可能性があることを理由にアカウントが制限された場合、引き続きTwitterを利用できますが、フォロワーにダイレクトメッセージを送ることしかできません。ツイート、リツイート、いいねなどを行うことはできず、あなたの過去のツイートを見ることができるのはフォロワーのみになります

アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができます。

アカウントが一時的に制限されている場合、あなたのプロフィールに移動したユーザーには、アカウントがTwitterルールに違反している可能性がある事を知らせ、それでも表示してよいか確認するメッセージが表示されることがあります。

アカウントで過剰なフォローなどの行為(過剰ないいね、リツイート、引用ツイートを含む)が見られた場合、Twitterルール違反と見なされ、一定期間アカウントの機能が制限されるというメッセージが表示されます。

この場合、2つの選択肢があります。

・提示された期間が終わるまで一時的に制限された状態でTwitterを使う。

・提示されている電話番号またはメールアドレスの認証手順を完了する。

電話番号またはメールアドレスを認証してアカウントを復元する場合は、[確認] をクリックまたはタップし、提示される手順を行ってください。電話番号またはメールアドレスを認証することで、Twitter上で自動化やスクリプト化された操作が行われにくくなります。

Twitterでは、乗っ取りが疑われる場合、またはTwitterルールや利用規約に違反している場合に、アカウントをロックしたり、アカウントの一部の機能を一時的に制限したりすることがあります。

ログインしたり、アプリを開いたりしたときに、アカウントがロックされている、またはアカウントの一部の機能が制限されているというメッセージが表示される場合は、手順に沿ってアカウントを復元するか、以下の内容をご覧ください。

PAGE TOP