1 ブランド商品

ブランドコーデですね高価な物


この偽ブランド


ルイヴィトンの偽物をヤフーオークションで大量に販売していたっていうのでですね

我々個人でも輸入ができてしまうので、絶対に手を付けないようにしましょう

ナイキ、ビトン、などのブランドは中国輸入では取り扱わないように!

ブランド品を見極める方法

ショップの画像を見てもそれがブランド品なのか見分けることができない時は、グーグルの画像検索を使って商品のサイトを見つけることができれば、例えば大きなショップ、ブランドのショップに行けば、その商品は本物のブランド品という事になるので、そのブランド商品は取り扱わないようにします


画像検索というのを通していただいてもご自身がですね知識がなかったとしても、はいまあそれでカバーをしていくようにてください

2 キャラクターもの


例えば、ディズニーです

キャラクターとかブランドのローが入っていると皆さんが欲しくなあるとか高く売れるっていうものになるんですね


中国輸入でも偽モノがたくさん出回ってます海賊版というものになりますのでそれも扱わないでください

知識が無くてやってい待っていると罰せられてしまうますので、注意してください

3 危険物

例えば、刃物、爆発物などは輸入を禁じられています。

4 液体類

液体類は空輸では禁じられています

販売が禁止されている3選

1 コンセントを使う商品(電化製品)

コンセントを使うような電化製品は、販売の規制がされています

PSEマークの取得に数万円かかってしまうのでこの手のものは実利を考えると手を付けない方がよいでしょう

対策

これは考えようなのですが、電源の供給がUSB経由のものは仕入れても大丈夫です

2 電波を発する商品

例えば、bluetooth 搭載の商品です

bluetooth のイヤホンだったり、

電波法の関係で適用させるためには、費用がかかったり時間が掛かったりするので個人レベルでは取り扱うのを止めましょう

間違って 例えば、bluetooth 搭載の商品を扱っていると罰せられてしまいます

3 健康に関わる商品


食器であったりとか化粧品であったりとか子ども関連の商品だったりとかっていうのは非常に注意が必要ですどんなものかとは非常に注意が必要です

食器、コップなどを口に入れて病気になってしまったりとか、子供関連の商品です

薬品やサプリメントも健康に関わる商品です

販売するためには、大きな壁=許可を必要とする商品になるので、初心者の段階では避けるようにしましょう

知らないで我々個人は仕入れて、病気になったり障害になってしまった時に責任・賠償といった大きな問題に発展しかねない商品類になります

中国からの輸入が規制~食品衛生法~

食器・調理器具など食品の触れるもの

食品が直接触れる可能性のあるものは、すべて規制対象だと認識しておくと良い

おもちゃ(玩具)

おもちゃは、乳幼児(6歳未満)が口にする可能性があることから、食品衛生法による規制があります
すべてのおもちゃが規制対象となるわけではありません。

中国からの輸入も日本での販売も規制~電気用品安全法(PSE法)~

家電製品

電気用品は火災などの重大事故につながる恐れがあるため、特にコンセントのある商品の輸入はおすすめしません

規制対象となるのは、電線・ヒューズ・配線器具・変圧器・電熱器具・電気で動く機械器具など約460品目に及びます

リチウムイオン蓄電池(輸入不可)

中国からの輸入も日本での販売も規制~医薬品医療機器等法(薬機法)~

医薬品、医療機器

医薬品とは、いわゆる薬です。
医療機器とは、病気を診断・治療・予防することを目的とした機械器具等のことです。

健康器具、美容機器、美容雑貨

身体になんらかの効能効果があるものは医療機器に該当するという前提で、安易に輸入しないようにしましょう。

化粧品(せっけんを含む)

化粧品も薬機法の対象です。
スキンケア化粧品・メークアップ化粧品・浴用せっけん・シャンプー・リンス・歯磨き粉等が化粧品に該当します。

日本での販売が規制(中国からの輸入規制なし)~電波法~

Bluetooth搭載製品

中国から輸入したBluetooth搭載製品を日本で使用する際には技術基準適合証明(通称:技適)が必要で、技適は製造メーカーが取得するのが大前提となっているため、輸入者が取得するのは困難です。

微弱無線搭載製品(ドアホン、トランシーバーなど)

電波を使用して通信するものはすべて電波法の規制対象になります。

ドローン

ドローンにも無線通信が利用されています。
これまでにご紹介した商品と同様、販売の際には技適マークが必要となります

輸入に注意が必要なもの

銃器類・危険物に似たもの

「銃器類に間違われやすいもの」も輸入時にトラブルになりやすい

ブランド品(意匠権・商標件・著作権など)

意匠権・商標件・著作権などを侵害するものは関税法により輸入が禁止されていますが、注意しなければならないのは「知らずに輸入してしまう」場合です。
著作権などを侵害する商品を知らずに販売してしまった場合、すべての責任は販売者にあるとみなされます。
「知らなかった」という言い訳は通用しません。

液体・粉末状のものが含まれる商品

液体には危険性の高いものや可燃性のあるものも多く、空輸はできません。

まとめ

ここまで紹介してきた手を出さない方が良いというような商品類は、法律で決められているものになりますので、これらを破って、守らないで輸入行為をしてしまうと大変なことになってしまいます

この考えを持ってください

少しでも怪しいと思ったら扱わない
少しでも怪しいと思ったら扱わない
これを頭の中に入れておく
グレーなものは扱わない

自分で調べても分からない時には、以下のサイトを活用することができるようです

JETRO

ここに「取り扱っても大丈夫か?」などを問い合わせることができるそうです。

By