今までオフィスは購入時に入っているものを使っていて、6台のPCのうち、一番古いものは2003年物があります。プロフェッショナルではないので、ワードやエクセルの機能のうちに使用する機能も限られているので古くても支障はありませんが、画面表示(リボンなども含め)が段々とスリムになったように感じます。

そこで昨年から考えを改めて「オフィス365」の導入を検討し始めたのですが、月額1000円弱。高いか安いかは人それぞれの感覚にはなりますが、実際にオフィス2019のCDを購入するとなると3万円を超える金額になります。月額1000円弱の「オフィス365」なら30カ月でぺーするのです。

それもCDだと最大2台までにしか使えませんが、「オフィス365」だと無制限、但し同時使用は5台までとなっていましたで、6台でも2年半位は最新のオフィスバージョンが使えるという事になります。

そこで、オフィス365を複数台PCで使うことを前提に調べてみました。

複数のパソコンにMicrosoft 365(オフィス365)の上限

【注意点】
インストールできるデバイスの数にはライセンスごとに上限がある

Officeソフトは基本的に上限は、PC2台まで

法人向けプランの上限は15台(PC5台、スマートフォン5台、タブレット5台の合計15台)特定の機種だけに絞って15台インストールさせるということはできません。

個人向けのMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 solo)は無制限ですが、同じアカウントで同時にサインインできるのは5台までと決まっています。

複数のパソコンにMicrosoft 365 Personalをインストール

それではパソコンにMicrosoft 365 Personalのインストールの方法を順を追ってお伝えしましょう

あなたのMicrosoftアカウントサイトを開きます

Microsoftアカウントサイトを開きます。

Microsoftアカウントをすでに持っていることを前提に話を進めていきます。Microsoftアカウントの新規作成は別の記事でお伝えしますので、そちらを確認してください。

Microsoftアカウントで使用している、メールアドレスとパスワードを入力すると、あなたのMicrosoftアカウントのページに入ることができます。

あなたのMicrosoftアカウントサイトを開くことができました

Microsoft 365 Personalをインストール

サブスクリプション「Microsoft 365 を無料でお試しいただけます!」をクリックします。

1カ月間、無料でお試しができますのでまずは無料から始めてみましょう。

Microsoft 365 を無料で試す
無料試用版を入手しましょう。最新の AI 搭載アプリ、1 TB のクラウド ストレージ、および高度なモバイル機能を使用して、どんなデバイスでもうまく作業をこなすことができます。

1 か月の無料試用期間終了後は、Microsoft 365 Personal を ¥12,984 で利用できます。クレジット カードが必要です。キャンセルはいつでもでき、それ以降は請求されません。

ダウンロードが完了するとインストールも自動的に実行されるようです。次のような画面が表示されればインストールは完了です。

ExcelやWordなどのOfficeに含まれるアプリがすぐに使えるようになります。

まとめ

Microsoft 365(オフィス365)を複数台PCで使用する方法。無制限?についてお話をしてきました。

・複数のパソコンにMicrosoft 365(オフィス365)の上限
・複数のパソコンにMicrosoft 365 Personalをインストール
・あなたのMicrosoftアカウントサイトを開きます
・Microsoft 365 Personalをインストール

Microsoft 365 Personalは、ありがたいことに1カ月間の無料お試し期間がありますので、1カ月間みっちり使ってみてダメだと思ったらいつでも停止できるのでこれの無料お試しは使ってみる価値があると思いますので、是非お試しください。

By