Youtubeのスライド動画に音声を入れて、カッコ良く見せる方法!


Youtubeオタクマーケティング!

 

まだまだ稼ぐ方法はあります。簡単にウェブサイトのニュースをコピペして動画を作りましょう。そして、そのニュース原稿をそのまま流すのでは、なんの変哲もなく、飽きてしまうので、ちょっと工夫をしていました。

YouTubeのスライド動画に音声を入れて作るには?

Youtubeの初心者の方は、まず無料の音声変換ソフトを使ってみましょう。例えば、ヤフーニュースの記事原稿を読み上げるのです。記事原稿をそのままコピペするだけで、音声に変換してくれるのです。
それが、『ちょっぷり テキストーク』です。
テキストーク
tex
音声変換ソフトには有料のものもあります。本当に人がしゃべっているように聞こえるように変換してくれますが、まずは、無料のテキストークを使ってみましょう。ちょっと、機械的な音声に聞こえる所はありますが、そこは目をつぶって。

実際に文章をテキストークで音声変換してみた結果

以下のテキスト文章をテキストークで音声変換をしてみましたので、ご覧ください。
<テキスト文章>
テキストークの機能
日本語の文書を音声読み上げ(音声合成)することができます。
読み上げた音声をWAV形式とMP3形式で保存可能
シンプルでわかりやすいユーザーインターフェスでパソコンに不慣れな方でも楽々操作
現在どこを読み上げているかがわかりやすい、読み上げ箇所強調表示機能
読み仮名辞書機能で音声合成エンジンが対応できない言葉を登録しておき、読み上げ時に指定の言葉に変換することが可能
読み飛ばし辞書機能で、記号など読み上げる必要がない文字を予め登録しておくことが可能
テキストファイル(.txt)のドラッグ&ドロップやコマンドプロンプトから起動に対応!


やはり、機械的な音声になっていますが、ここは我慢、ガマン。稼げるようになってから有料の音声変換ソフトを使うようにしましょう。

ヤフーニュースを元に音声変換ソフトを使ってYoutube動画を作ってみた

このニュースを使いました。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

1 ヤフーニュースの記事をメモ帳などにコピペする

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

2 メモ帳などにコピペした文章をテキストークに貼り付ける

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

3 テキストークを再生して、文章校正をする

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34
テキストークで実際に文章を音声変換してみると、読み方が違ったり、アルファベットだったりすると違った音声変換をしてしまいますので、しっかりと音声を聞いて、違って変換されている所は直しましょう。
(例:東国原を「ひがしくにはら」と読んでいるので⇒「ひがしこくばら」に直す)

4 文章の構成が終わったら音声ファイルを保存する

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35
音声保存する前に、今一度再生して聞いてみてください。間違っていると動画にアップした時に「質」が下がってしまいます。せっかく動画を見てくれている人が「あれ?」と思われては、いけません。

ムービーメーカーで音声を入れて動画を作ってみたー結果

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36
先ほどコピペした記事の文章をキャプションに入れて、次に音声をムービーメーカーに入れます。このままだと音声と記事が合わないので、テキストークの音声の時間を確認します。今回の場合は、「約2分」でしたので、[編集]⇒[再生時間]を120秒にします。

キャプションに入れた文章は、読みやすいように編集してください。出来上がったら一度再生しておかしい所がないか確認しましょう。最後に動画を保存して、Youtubeにアップしましょう。アップロードしたら、サムネイル画像も工夫して、たくさんの人に見てもらえる動画にしましょう。

これで完成です。(完成した動画)

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です