Youtubeのサムネイル画像は『バナー工房』で簡単作成できます。その使い方


ユーチューブで再生回数を伸ばす手法として、目立つサムネイル画像があります。サムネイル画像が単に文字だけだったり、画像だけよりも、写真と文字を合成して目立つものを作れば、クリック率が高くなります。このサムネイル画像を無料で簡単に作ることができる『バナー工房』の使い方をお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク



バナー工房でサムネイル画像作成

今回は、実際にバナー工房を使ってサムネイル画像を作っている動画を作成しました。順を追って完成までの説明をしていますので、この動画を見ながら、あなたも実際にサムネイル画像を作ってみてください。

 

バナー工房

1 画像を選択

まず、サムネイル画像に使用する画像を選択します。あなたがPCに保存してある画像から編集する画像を選んで加工を始めます。

2 画像のサイズ変更

Youtubeのサムネイル画像に適している画像サイズは、640×360pxです。元々の画像のサイズを変更します。その時に、元の画像が縦長の者だと、横伸びした画像になってしまいますので、画像を選ぶときに注意が必要です。

3 画像に額縁

ここでは、単に写真だけよりも額縁を付けることで目立たせるという作業を行います。今回は、赤色の額縁にしましたが、色や額縁のサイズの変更も可能です。

4 画像に文字入力

いよいよ画像に文字を入れていきます。Youtubeのサムネイル画像として作成するので、Youtubeの関連動画に表示された時に、目立つサムネイル画像にしたいものです。1フレーズよりも2フレーズ入れた方が目立ちますので、元々の画像にかぶせる感じで文字を入力していきます。

5 サムネイル画像完成

出来上がったサムネイル画像は、PCに保存します。そして、出来上がったサムネイル画像を実際にご自分のYoutubeに設定してみてください。関連動画に表示された時に、他の動画よりも目立っていますか?

自分の動画を目立たせて、動画を見てもらう確率を上がるためにサムネイル画像を作っていますので、しっかりと確認してください。

まとめ

Youtubeのサムネイル画像は『バナー工房』で簡単作成できます。その使い方についてお話をしてきました。無料で簡単にサムネイル画像を作ることができる『バナー工房』はとても便利なツールです。

もっとしっかりとした画像編集ソフトなどもありますが、至って簡単に作ることができるので、おススメです。実際に作成動画を見ながらサムネイル画像を作って、Youtubeに設定してみましょう。

サムネイル画像がなかった時に比べて、再生回数の伸びが早くなっていると思います。ただ、サムネイル画像だけを追加しただけでは、再生回数は伸びません。関連動画対策など色々な手法も交えた対策が必要になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です