『Google AdSense(グーグルアドセンス)』で稼ぐ手法を解説~初心者編~


『Google AdSense(グーグルアドセンス)』で稼ぐ手法を解説

スポンサーリンク




Google AdSenseは、ネットビジネス初心者でも稼ぎやすいという特徴を持っています。ブログなどにアドセンスを貼っておくだけで、自動的に広告表示をしてくれて、その広告バナーをクリックしてもらうだけでアドセンスから報酬が貰えます。

俗に言う「クリック型報酬広告」です。巷に言われている情報ですが、広告が表示されて、1%~3%の人がクリックして貰え、クリック単価も10円~30円ですので、単純計算ですがブログにアドセンス広告が100回表示されて、1~3回クリックされて、10円~90円の報酬が貰えると言うことになります。

従って、あなたのブログが表面化してたくさんの人に見てもらえば、アドセンス収入は倍増していきます。そのためにも、あなたのブログを検索順位(グーグルやヤフー)を3位以上にしていく手法が必要になります。

少し前までは、ブラックSEO対策と言って自作自演で検索順位を上げる手法が流行っていました。確かに、今でもその手法を高額塾で教えている所もまだまだあります。メインブログの周りにサテライトブログを量産して、被リンクでアクセスを稼ぐという方法です。

しかし、グーグルさんも最近は進歩しています。機械が自動的に点検することと人間の手で点検するという二重の点検をやっているので、最近は、ブラックSEOの手法はおススメできません。下手をするとあなたのブログが削除されたり圏外に飛ばされてしまう危険性があります。

グーグルアドセンスは初心者にピッタリ

初心者にピッタリの理由-1

一般のアフィリエイトは、商品選定から始めなければなりません。売れる商品をアフィリエイトして稼ぐという方法になります。しかし、グーグルアドセンスは、商品選定をする必要がありません。グーグル側が自動的にブログを見た人の属性に合った広告を表示してくれるのです。

ただ、アドセンスのバナーを貼っておくだけで、自動的にです。何のスキルも必要がありません。

初心者にピッタリの理由-2

記事を書くというのは初心者の内は、とても大変な事です。しかしアドセンスは、表示されている広告をクリックして貰えれば、報酬が貰えるのです。

極端な話に貼りますが、どんな内容の記事であってもブログを見てくれる人がいれば、アドセンスバナーは表示されますので、如何にたくさんの人に見てもらうかに焦点を当てていけば良いだけなのです。

初心者にピッタリの理由-3

ネットビジネスを始める時には、物販などでは商品の仕入れがあり、在庫を抱えなければならないというリスクもあります。せどりも同様です。

しかし、アドセンス広告には初期費用は掛かりません。グーグルが無料で提供しているアドセンスという広告を貼れば、それだけで良いのです。

初心者の時は、稼ぎがないので色々なものにお金をかけることができませんが、初心者にはグーグルアドセンスがピッタリなのです。

スポンサーリンク



グーグルアドセンスで稼ぐには?

グーグルアドセンスを稼ぐには、適当なブログではだめですね。やはり、訪問者に有益な情報を提供するブログでなければなりません。疑問や悩みに対して適切な答えを提供することが、グーグルも評価してくれます。それでは、どのようなブログにしたら良いのでしょうか。

流行りのトレンドブログを作ると、確かに爆発的なアクセスが見込めますが、ブログの寿命がとても短いものになってしまいます。そのトレンドが去ってしまうと、自ずとアクセスも激減します。そのため、今回おススメは「ロングテールブログ」になります。

ロングテールキーワードを記事タイトルに盛り込んで記事を作っていきます。ロングテールとは、季節ネタだったり、イベントネタだったり、中長期間のアクセスが望めるキーワードでブログを作っていきます。ロングテールキーワードで作ったブログは、資産として蓄積されます。

一方、トレンドキーワードで作ったブログは、記事が使い捨てになってしまうの言うのが正直なところです。トレンドを追いかけて、記事を書いて、確かに当たれば爆発的なアクセスは望めますが、すぐに沈静してしまいます。それが、デメリットです。

ロングテールキーワード(季節ネタ)

1月:初詣、新年会
2月:節分、バレンタインデー
3月:卒業、引越
4月:入学式
5月:ゴールデンウイーク
6月:梅雨
7月:夏休み、お中元
8月:お盆、台風
9月:敬老の日
10月:ハロウィン
11月:七五三
12月:クリスマス

ブログの構成

基本的なブログの構成は次の通りになります。全体的な記事の文字数は、1000文字位で良いのです。良く見かけるブログで400文字前後の者もありますが、それは、ある程度ブログの力がついてから(記事コンテンツをたくさん入れて、グーグル検索で上位表示されている状態)にします。

まずは、1日1記事、1000文字程度で記事を書いていきます。以下に、ブログの基本的な構成を示してみます。

記事タイトル

見出し1
 記事1
見出し2
 記事2
見出し3
 記事3

文字数を確認するのにとても便利なものがあります。「文字数」と検索すると出てきます。

【文字数カウント】 – ODN

ブログのタイトルの決め方

メインキーワード+複合キーワードで「全角32文字」でタイトルを考えます。キーワードをただ並べるだけではなく、意味の通った文章(タイトル)にします。そして、複合キーワードは、2語、さらに3語のキーワードでタイトルを決めていきましょう。

goodkeywordを使って関連キーワードを見つけていきます。

1 メインキーワードを検索窓の入力します。

  (例)「北海道旅行」

2 関連キーワードが表示されます。

  (例)「北海道旅行 おすすめ」
     「北海道旅行 フリープラン」
     「北海道旅行 おすすめ コース」
     「北海道旅行 おすすめ グルメ」
     「北海道旅行 夏休み 料金」
     「海道旅行 夏休み 家族」・・・・・などなど。

3 メインキーワード+複合キーワードでタイトル決め

  (例)「北海道旅行でおすすめのフリープランは?グルメコースを紹介します!」
     (32文字)

  このタイトルで記事を書いていきます。

ブログの資産化

先にも紹介しましたが、トレンドをターゲットに記事を書いていくと、そのトレンドをいつも追いかけなければならないため、常に気を張っていなければなりません。そして、トレンドニュースが出た瞬間に、誰よりも早く記事をアップしなければ、勝負になりません。

そんな重労働をするのではなく、季節ネタなどを使ってブログの資産化をしていきましょう。ブログ投稿の初期段階では、まず、インデックス(グーグルが記事を認識する)されるまでに時間が掛かりますので、1記事を書いたからといって、表面化はしません。

アドセンスで稼ぐためには、如何にグーグルにインデックスされ表面化し、さらに検索順位を上げていかなければなりません。そのためには、1日1記事に着々と記事をアップしてブログに力を付けていきます。

最低でも100記事、1日3記事で90日(約3ヵ月)を目標に資産化するブログを育てていきます。とにかく、トレンドに左右されない、季節ネタが資産化しやすいと言われています。ただ、季節ネタは、その季節の2か月位前から種を蒔いておかなければなりませんので、今から始める人は、注意が必要です。

タイムりーな記事ネタでは、遅すぎます。1年後には検索されることもあると思いますが、直近の季節ネタであってもしっかりと記事を書き込んで、ブログを強くすることで勝負できます。

約3月間は、黙々と記事を書いていきます。途中でブログのアクセス数が伸びないとか、悩まずに進めていきます。ここがキーポイントです。この時点で報酬が上がっていないことを理由にモチベーションがさがり、記事を書かなくなってしまう人が多いのです。

記事数が100記事を超える頃には、アクセス数もうなぎ上りになっている事でしょう。始めのうちは、地を這っているようなアクセス数ですが、一度アクセス数がアップし始めるとそこからは上昇気流に乗ることができます。それまでの辛抱です。

そうしたら、儲けものです。記事のアップする頻度も1日3記事も書かなくてよいです。1週間に1記事とかでも大丈夫。ブログ自体に力がついているので、検索順位もアクセス数も上がっていきます。そして、ブログの内容は「読み手の役に立つもの」をしっかりと意識して書くことで、グーグルさんからも評価され、さらにブログに力が付きます。

まとめ

私自身、2年位前にトレンドブログに取り組んでいましたが、日々の重労働に萎えてしまい、今はそのブログ自体も休眠状態になっています。始めてすぐの頃は、キーワード選定にも慣れていないことや、記事を書くことにも時間が掛かり、ブログ自体が弱体化していきました。

そんなある日、資産型ブログで月〇万円稼ぐ、みたいなメールが届き、今までやっていたトレンドブログの労働に比べて、省エネで稼ぐことができることを知りました。始めは本当に大変です。記事タイトルの選定、ライバルチェック、記事作成など、たくさんの作業がありますが、これも慣れです。

毎日記事を書いていくことで、経験値が上がっていきますので、少しの辛抱です。勉強期間ととらえてみましょう。その勉強が実を結ぶことができればアドセンス広告収入もうなぎ上りに上がっていきます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です