グーグル変動対策 上位表示させる5つの方法は?やらなきゃ損!


2017年5月にグーグルの大変動があったというニュースがありました。その変動対策としてある5つの方法が紹介されていました。すでに知らされている方法ではあるのですが、私自身も注意して実施しているかと言われると、YESとは言い切れません。

そこで、実際にこの5つの方法を実践してみました。

タイトルにキーワード

タイトルにメインキーワードを入れる。これはすでに知っていることですよね。そして、そのキーワードを左側に入れる。これもしっていますね。しかし、知ってはいるものの実際に狙っているメインのキーワードは、必ずタイトルには入れています。

そして、サジェストキーワードや複合キーワードなどを使って、タイトルも決めています。しかし、ライバルが多いという原因なのか、私が作った記事は、上位表示されることは稀でした。

記事文頭にキーワード

狙っているキーワードでタイトルを付けるということには、注力してきましたが、記事文頭についは、気にしていなかった時期がありました。色々な所でも記事文頭には、記事に使ったキーワードを埋め込むと上位表示すると言われていました。

しかし、実際にはそこまで考えずに記事を書いていました。一つの方法としては、まず、文頭にタイトルをそのまま入れてしまうということでも良いという情報もありましたので、その方法から試してみることにしました。

コンテンツの充実

これは当たり前のことですが、役に立つ情報やお悩み解決情報などがグーグルさんは評価してくれますので、変な記事(コンテンツ)は、検索順位を下げられてしまいます。

それなので、しっかりと記事タイトルの内容の沿った記事を作成することが重要になっています。これは当たり前のことですが、以前はタイトルだけで上位表示されるという施策もあったようです。

確かに、上位表示させる方法としての記事タイトルの付け方は重要ですが、記事内容をおろそかにしていたは、お客さんは離れて行ってしまいますよね。そこが大事です。

コンテンツの充実とは、一つには読みやすさということがあります。大見出し、中見出しなどで段落ごとに内容をまとめて読みやすくすること。そして、装飾も大事なことです。文字に色を付けたり、太字にしたり、二重線を引いたりすることも充実のためには必要な方法です。

リンクの設置

できることであれば、一つの記事を読んで役立ちコンテンツを作りあげることができれば良いのですが、そんなことをしているとボリュームが大きくなりすぎて、逆に読みにくい記事になってしまいお客さんが逃げて行ってしまうことにもなりかねません。

そこで、その内容の記事ページへのリンクを作って、そのページで内容の説明をすることで、ページも読みやすくなり、そしてサイト全体が分かりやすいものになります。

スクロールをする作業って手間ですよね。その手間を少しでも軽減して、欲しい情報ページへ誘導してあげるということも優しい方法になります。あなたならどちらが良いですか?

ず~とスクロールばかりしないと読めない記事を下まで読みますか? 親切にリンクがあって知りたい情報のページに行け読める?やはり、後者ですよね。

目次の設置

最後になりますが、やはり目次は設置した方が読みやすいし、読み手にとって親切ですね。ワードプレスでは目次を自動的に作成してくれるプラグインもありますので、簡単に目次を設置することができます。

これは、前述した見出しを作るという方法ともリンクしているのですが、見出しタグをつけてあげれば、自動的に目次を作ってくれて、記事の頭の部分に目次を表示してくれます。

まとめ

グーグル変動対策 上位表示させる5つの方法は?についてお伝えしましたが、私はすでに知っている内容でしたが、実際には施策として注力している事ではありませんでした。やはり、元となることはそんなに変動があったとしても施策内容は変わりがありませんので、やはり初心に戻って、SEO対策を講じることで上位表示されるサイトを作っていきましょう。

上記5つの方法に取り組んだことで、上位表示されたことをお伝えして、終わりにします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です