ネットビジネス 初心者が取り組みやすい方法 TOP5


046

ネットビジネスの現実を知る

ネットビジネスは、リアルビジネスに比べて開業資金や運転資金などで大きな開きがあります。少額で始められることも理由となって、興味のある人がたくさんいます。しかし、なかなか副業というまでの収入を得ていないのも現実です。ネットビジネスで5,000円以上稼げているのというか、稼げているのは、わずか5%に過ぎないという情報もあります。

今の世の中、ネット社会で色々な方法でネットビジネスで副収入を得ることが可能な時代なのです。ネットビジネスの種類は、細かく分けてしまうと200以上もあり、それら全てを学ぶことは大変なことですので、初心者が取り組みやすいネットビジネスにはどのようなものがあるか紹介しますので、ご自分に最も合う方法を実践してください。

ネットビジネスの種類を知る

インターネットの社会は、法人(企業)、個人を問わず表にでることが可能です。大企業の広告は良く見かけると思いますが、個人のブログやFacebookなども、ほとんど費用をかけずにすぐに始めることができるのです。しかし、ネットビジネス初心者は、何をやったらいいのか、どれが優しいのか、悩む限りです。

ここでは、ネットビジネス初心者でも容易に取り組むことができる方法を、私が初心者から始めた方法も含めて説明していきます。最初は、難しい~な、と思うかもしれませんが、そこで立ち止まっていてはいけません。是非、一歩踏み出してみてください。すると、段々とやり方も分かってきますので、一緒に始めましょう。

ネットビジネスの代表的な方法として、「ネットショップの運営」、「アフィリエイト」、「ドロップシッピング」、「せどり」、「ネットオークション」、「スマホアプリ」など。いずれの方法も、パソコン1台とインターネットが使える環境があれば簡単に始めることができます。それでは、初心者でも、すぐに始められる最新のインターネットビジネスをまとめてみましょう。

初心者が取り組みやすいネットビジネス TOP5

1 広告収入

成果報酬型広告(アフィリエイト広告)

インターネットビジネスを始めようとする方でしたら、アフィリエイトという言葉は聞いたことがあると思います。このアフィリエイトというのは、企業が広告代理店(ASP)を介して、個人に商品やサービスを宣伝してもらって、商品を購入したりサービスを利用することで報酬を得ることができる方法です。

ブログやTwitter、Facebookなどに、広告リンクを貼っておくのです。そのブログなどを見た人がその広告リンク見つけて、興味を示してクリックすると企業のサイトへ移動して商品やサービスを購入できるようになります。如何にして、企業のサイトに誘導するかが収入を得るためのポイントと言えます。面白いブログや楽しい記事などで人を集めて、広告リンクをクリックしてもらうかです。

クリック課金型広告

代表的なクリック課金型広告が、Googleアドセンスです。こちらは、設置した広告がクリックされただけで報酬が発生します。それなので、成果報酬型広告に比べると容易く報酬を得ることができる半面、単価が安いです。そのため、たくさんクリックしてもらえるような工夫が必要になります。

また、Googleアドセンスの広告をブログなどに貼るためには、Googleアドセンスの審査を通らなければなりません。これも一つの関門になりますが、審査が通ってしまえば、ブログやTwitter、Facebookなどに広告を貼っておいてクリックさえしてもらえれば報酬が発生します。

このGoogleアドセンスの広告は、ブログなどを見に来た人の属性に合わせて広告の種類が変わりますので、クリックされる率が上がります。この文章の下に表示されているのが、実際にGoogleアドセンスの広告を設置した状態のブログになります。また、1クリックの報酬額は広告企業によって違ってきます。平均で30円位との噂ですが、本当のところは個人には分かりません。

スポンサーリンク



2 ポイントサイト

ポイントサイトは、広告主の広告料で運営されているので、利用する側は一切費用が掛かりませんので、初心者のネットビジネスで副収入を得る方法としては、おススメです。だ指標的なポイントサイトは、「ハピタス」、「モッピー」、「げん玉」、まだまだたくさんあります。それでは、どのようにしてポイントを溜めることができるのか。

それは、サイトに掲載さ入れている特定の広告をクリックしたり、ゲームに参加したり、アンケートに回答したり、CM動画を視聴したり、サイトによってもたくさんのポイントをゲットする方法があります。ポイントサイトという位なので、ポイントを溜めていって、溜まったポイントを現金に換えたりすることができます。

3 ネットオークションサイト

有名なのは、ヤフオクです。最近は、メルカリなどもCMでもお馴染みになりました。初心者が簡単にオークションサイトを利用する方法は、不用品をオークションに出して、売れれば報酬をゲットすることができます。そもそも不用品なので、原価0円。それがいくらかの価値がついて、収入として得られるのです。

私はヤフオクをやっているのですが、最初の登録と出品が一手間掛かりますが、部屋の片隅に眠っていた、長年使っていない粗大ごみに出そうかなと思うものを、写真にとって、ちょっと説明書きをすれば、欲しいと思う人が買ってくれます。捨てようとしたゴミが1000円にでもなれば御の字ですよね。

4 クラウドソーシング

クラウドソーシングという言葉は難しいのですが、簡単に言うとインターネット上で仕事の依頼と受注をするということで、仕事を受注した人は、報酬を得ることができます。私は、記事作成で「ランサーズ」というサイトでクラウドソーシングと行い、1記事200円から高いものだと1000円位の報酬を得ることができます。

記事作成の場合は、ある程度のスキルが必要になり、現実社会でお店を持つことなんかできないので、ネット上で仕事を発注して、その仕事ができる人が受注して報酬が発生するという仕組みになっています。記事の他に、イラスト作成やバナー作成、ロゴ作成など多種多様なお仕事がたくさんの人から発注されています。

5 写真販売

自分の撮った写真をインターネットで売ることができることができます。しかし、審査がとても厳しいのも現状で、素人の写真だとなかなか稼ぐことができませんが、一度チャレンジしてみてください。写真販売を取り扱っているサイトは、「PIXTA」、「フォトライブラリー」が有名どころです。

写真販売のサイトの登録は、簡単ですが、実際に写真を審査に出してみるとなかなか採用されず、未だ無報酬の段階です。しかし、これは!という作品があれば、審査に出して報酬が得られるかもしれません。

その他のネットビジネスも知る

6 FX(ネット投資)
7 ドロップシッピング
8 ネットショップ
9 輸入ビジネス
10 せどり
11 情報起業
12 転売
13 その他

まとめ

ネットビジネス初心者が、手っ取り早い方法で収入を得るのは、やはりアドセンス広告です。これは広告をクリックしてもらえれば報酬を得ることができるので、一度アドセンス広告をブログなどに貼っておけば、永久にお金を発生する装置を設置したようなものです。

しかし、自分で作ったブログに誰も見に来てくれなければ、アドセンス広告も誰にも見られないということなので報酬は”0円”のままです。以下に、ブログを見に来てもらえるか、そしてアドセンス広告をクリックしてもらえるかという、初心者には少し難しい工夫が必要になりますが、それは次の機会にお伝えします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です