バイナリーオプションのおすすめ攻略 はたけ講座-第3講 ローソク足の正体とは?


【はたけバイナリー講座】第3講

バイナリーオプションを始めようと思った時に

色々なサイトを検索している時に知った「はたけさん」。

この方はとても分かりやすく説明をしてくれます。

それなので皆さんにご紹介したく今回は「はたけバイナリー講座」を実際に視聴してみた内容を解説していきます。

 

ローソク足の見方

ローソク足の意味が分からないとバイナリオプションはできません。

MT4で1分(M1)で表示させたときの1分間の値動きの幅(ローソクのような形)

 

価格が上昇した時のローソク足

価格が下降した時のローソク足

 

ローソク足の実例

ローソク足には4つの値が分かります。

1 始値

2 終値

3 高値

4 安値

1 始値

2 終値

3 高値

4 安値

 

ローソク足には色々なパターン(形)があります。

ローソク足の形によって、その後の値の動きを予想することができます。

 

大陽線

実体が長くてヒゲが短い陽線

買いの勢いが強い!(上昇の勢いが強い)

価格が下がってきた底値圏で大陽線がでると、上昇に転換する可能性あり。

 

大陰線

実体が長くてヒゲが短い陰線

売りの勢いが強い!(下降の勢いが強い)

価格が上がって天井圏で大陽線がでると、下降に転換する可能性あり。

※大陽線や大陰線が出てくるとそちらの方向に移行する可能性が大きい。

 

小陽線

実体も小さくヒゲも短い陽線

上昇の勢いが弱くなっている。

 

小陰線

実体も小さくヒゲも短い陰線

下降の勢いが弱くなっている。

 

下影陽線(したかげようせん)

実体部分よりも下ヒゲが極端に長い陽線

上昇の勢いが強くなっている。

一回値下げしてもやはり買いだと上昇していく。

底値圏で下影陽線が出ると、上昇に転換する可能性あり。

 

下影陰線(したかげいんせん)

実体部分よりも下ヒゲが極端に長い陽線

上昇の勢いが強くなっている。

一回値下げしてもやはり買いだと上昇していく。

底値圏で下影陰線が出ると、上昇に転換する可能性あり。

 

上影陽線(うわかげようせん)

実体部分よりも上ヒゲが極端に長い陽線

下降の勢いが強い。

 

上影陰線(うわかげいんせん)

実体態部分よりも上ヒゲが極端に長い陽線

下降の勢いが強い。

 

※上影陽線・陰線は、天井圏で出ると下降の可能性が高い。

 

陽のカラカサ(たくり線)

実体態部分が短く上ヒゲがなく下ヒゲが長い陽線

底値圏で陽のカラカサが出ると再び上昇の可能性が高い。

 

陰のカラカサ(たくり線)

実体部分が短く上ヒゲがなく下ヒゲが長い陰線

底値圏で陰のカラカサが出ると、上昇の可能性が高い。

 

陽のトンカチ

実体部分が短くした下ヒゲがなく、上ヒゲが長い陽線

高値圏ででると、下降の可能性が高い。

 

陰のトンカチ

実体部分が短く下ヒゲがなく、上ヒゲが長い陰線

高値圏で出ると、下降の可能性が高い。

 

陽の極線(コマ)

実体部分もヒゲも極端に短い陽線

どっちに行こうか迷っている状態。

 

陰陽の極線(コマ)

実体部分もヒゲも極端に短い陰線

どっちに行こうか迷っている状態。

 

終わりに

バイナリーオプションのおすすめ攻略 はたけ講座-第3講 ローソク足の正体とは?

ローソク足には色々な形(パターン)があります。
それぞれの形には意味があり、大まかな値動きをしてみてくれます。

とは言え、確実とはいいがたい所もあるので、経験値が物をいうところです。

バイナリオプションでは、デモ取引と言うものがあります。
実際にエントリーするものではないので、練習ができます。
まずは、デモ取引で腕を磨いて実践に備えていきましょう。

はたけ講座-第1講 中学生でも分かるBOを解説!

第2講 勝者が使っているソフト!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です