バイナリーオプション 勝つための必須インジケータ ボリンジャーバンドとは?


【はたけバイナリー講座】第7講

バイナリーオプションを始めようと思った時に

色々なサイトを検索している時に知った「はたけさん」。

この方はとても分かりやすく説明をしてくれます。

それなので皆さんにご紹介したく今回は「はたけバイナリー講座」を実際に視聴してみた内容を解説していきます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のこと。

1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標。

「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標で3つある。

 

MT4のインジケーターを使ってボリンジャーバンドを追加していきます。

「挿入」⇒「インジケーター」⇒「トレンド系」⇒「Bollinger Bands」

 

 移動平均線(MA)

 

1σ(シグマ)

偏差1:一番近い上下線の間で株価が動く確率(1次標準偏差)

確率論ですが、68.3%の確率でこの1σ(シグマ)のバンドの範囲内で価格が収まる。

2σ(シグマ)

偏差2:二番目の上下線の間で株価が動く確率(2次標準偏差)

確率論ですが、95.5%の確率でこの2σ(シグマ)のバンドの範囲内で価格が収まる。

3σ(シグマ)

偏差3:三番目の上下線の間で株価が動く確率(3次標準偏差)

確率論ですが、99.7%の確率でこの3σ(シグマ)のバンドの範囲内で価格が収まる。

ボリンジャーバンドというインジケーターをMT4のチャート上に表示しましょう。

 

ボリンジャーバンドを使ってエントリー方法

ボリンジャーバンドを使ってエントリーしている人の多くが、逆張りで使用していますが、

本来は、トレンドを判断するためのインジケーターだと言われています。

考案者のジョン・ボリンジャーさんもトレンドを判断するものだとして開発しました。

 

逆張りの考え方から言うと、ボリンジャーバンドをの2σ内に約95.5%の確率で価格が収まるのなら、

ボリンジャーバンドにタッチしたら、価格が反発(戻っていく)と考えることもできます。

が、本来の使い方はそういうものではありません。

スクイーズ

価格がほどんど動いていない状態で、ボリンジャーバンドの幅が狭い。

スクイーズかどうかを判断するには

  1. 線全体が細くなっているか?
  2. 中央の移動平均線が横向きになっているか?

をチェックします。

 

この状態は、価格がどちらに行こうか迷っている状態です。

逆を言うと、方向性が決まると一気に上昇(又は下降)トレンドに移行するということです。

その状態が、次に示すエクスパンションです。

一気に値が加速していきます。

 

エクスパンション

一気に価格が下がっているのがお分かりいただけると思います。

 

エクスパンションしている時は、ボリンジャーバンドが一気に開きます。

さらに、反対側のボリンジャーバンドも大きく開きます(両方とも開く)。

 

ほとんどの場合、バンドウォークをしていきます。

バンドに沿ってチャートが動いている状態です。

 

従って、エクスパンションした所からトレンドが始まるというサインになるのです。

(逆張りで使うものではないということ)

 

下降トレンドが始まったら、どこまで下降するのか?

それもボリンジャーバンドが示してくれています。

トレンドの反対側のボリンジャーバンドが締まり始めているのがお分かりですか。

 

反対側のボリンジャーバンドが狭まってくるとトレンドが終わる傾向にあります。

 

エントリー方法は

スクイーズからエクスパンションしたら、そちらの方向を追っかけてエントリーしましょう。

エクスパンションしたら一気にトレンドが始まります。

そのタイミングを見て、エントリーします。

 

そして、反対側のボリンジャーバンドも良く見ておきましょう。

ボリンジャーバンドが締まり始めたらトレンドが終わりのサイン。

エントリーを一度止めるようにして、損失のないようにしまししょう。

 

エントリー方法(逆張り)

ボリンジャーバンドを使って逆張りでエントリーする方法もあります。

それが使えるのは、レンジ相場の時です。

トレンドが発生していると、バンドウォークをしていって逆張りでは負けてしまいます。

 

レンジ相場でボリンジャーバンドにタッチしたら、逆張りという手法もありますが、

ボリンジャーバンド以外のインジケーターと組み合わせて判断した方が確立が上がります。

例えば、レジサポラインだったり、RSIだったりです。

 

バンドタッチでの反発狙いをする時は、上記のような方法でエントリーしてみましょう。

 

終わりに

バイナリーオプション 勝つための必須インジケータ ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、必須のインジケーターです。
誰もが使っていているので、有効なインジケーターと言えるでしょう。

今回説明した、エクスパンションが発生した時に順張りしていくことで
勝率を上げることができるでしょう。

実際にMT4のチャートを見て実感してください。

そして、どのような場面で転換しているのかをしっかりと覚え、

バイナリオプションに取り組むようにしましょう。

 

はたけ講座-第1講 中学生でも分かるBOを解説!

はたけ講座-第2講 勝者が使っているソフト!

はたけ講座-第3講 ローソク足の正体とは?

はたけ講座-第4講 相場について分かりやすく説明

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です