アクセスがくる(集まる)タイトルの付け方~ライバルを引き離す7つ の法則


記事を検索するときに ユーザーが最初に興味をもつのは何か? といえば...
『 タイトル 』 です。

トレンドブログでどれだけ稼げるかどうかは、 タイトルが7、8割を握っていると言っても過言ではありません。

それでは、タイトルでライバルを引き離す7つの法則を書いていきます。

1 タイトルの文字数は31文字以内

検索結果の画面に表示されるタイトルの長さが文字数にして31文字前後になっています。そのため、31文字を超えたタイトルをつけても検索画面で表示されないので意味がありません。

それでは、どうやって文字数を調べれば良いのでしょうか?1文字ずつ数えていたは時間の無駄。そこで「文字数」と検索してみてください。

四角いマスの中に考えたタイトルをコピペで入れてみてください。文字数を数えるボタンを押すと文字数が簡単に表示されますので、使ってみてください。

2 メインキーワードを一番左に

トレンドブログで検索される為には、タイトルにいくつかのキーワードを含める必要があります。

① メインキーワード ⓶ 関連キーワード ⓷ 連想キーワード

メインキーワードは、その名の如く主となるキーワードで大体が固有名詞になることが多いです。例えば、芸能人の話題を書こうとした時には、その芸能人の名前、それがメインキーワードになります。

次に、関連キーワードは、そのメインキーワードと関連する言葉、それが関連キーワードになります。例えば、芸能人の彼氏とかが話題になったら、彼氏が関連キーワードとになります。

さらに、連想キーワードは、芸能人+彼氏が〇〇〇をした、とかの〇〇〇の部分です。固有名詞から連想される言葉が連想キーワードとなります。

3 読みやすいタイトルもアクセスを集める要因!

全体を3つのグループに分ける

「メインキーワード+関連キーワード+連想キーワード」に尽きます。

ユーザーのことを考えるてパッと見てわかりやすけらばアクセスが集まりますよね。

4 タイトルの区切に『、』『。』ではなく『!』や『?』

とにかくインパクトを重視します。パット見て目に入りやすいタイトルを付けましょう。

5 タイトルは自然な日本語にする

今まで書いてきましたが、タイトルにキーワードがたくさん入っている方がアクセスが集まるように思われるかもしれませんが、キーワードばかり並べると日本語の文章としておかしくなってしまうことが多々あります。

そんな記事タイトルでは、インパクトも薄く誰もアクセスしてくれません。

最も最悪なのが、Googleからスパムサイトだと認定され、手動ペナルティが科せられて圏外へ飛ばされることです。一生懸命にブログを育てたのに圏外に飛ばされてしまう。そんなことにはなりたくないですよね。

6 キャッチーな単語を一つ入れる

タイトルに ユーザーが思わず反応してしまうようなキャッチーな単語を入れましょう。

あるサイトに例としてキャッチ―な単語として次の6つが書かれていました。

○○を暴露!
○○を公開!
○○がヤバい!
○○だと話題に!
○○が驚き!
○○がすごい!

あまりに頻繁に表現していると飽きられてしまいますので、時々良いタイミングを見計らってキャッチ―な単語をタイトルに入れてみましょう。他ライバルと差をつけるためにも。

7 迷ったら5分で決めて記事を書き始める

タイムイズマネーということ。

あれにしよう、これにしようと迷った挙句に30分経っても記事タイトルが決められないようでは、沢山の記事を書くことなんてできません。

なので、迷ったら5分を目途に記事を書き進めていきましょう。記事を書いている内に、タイトルになるキーワードの単語を見つけることが出来るかもしれません。とにかく書き始めることです。

優先順位は、「キーワードでタイトルを考える < 記事を書く」です。

終わりに

アクセスがくるタイトルの付け方について7つのポイントをお知らせしましたが、タイトルが命です。ユーザーが検索するキーワードと一致すればアクセスは第爆発します。

しかし、ユーザーが見向きもしない、興味を示さない記事タイトルではどうやってもアクセスが来るわけがありません。如何にしてアクセスを爆発させるかがキーポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です