新しい千円札の人物 「北里柴三郎」とは?令和に紙幣刷新


2004年以来20年、2024年度を目途に1万円札と5千円札、千円札の紙幣が刷新される。新しいお札の顔(肖像画)は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎となります。

お札の肖像画に選ばれる条件

1,日本が世界に誇れる人物であること
2,教科書に載っているなど、だれでも知っている人物であること
3,偽造防止の目的から、なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できる人物であること

千円札の人物肖像の変遷( 日本銀行券 )

日本武尊と建部神社

甲号券
発行開始日 1945年(昭和20年)8月17日
通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日

聖徳太子

B号券
発行開始日 1950年(昭和25年)1月7日
支払停止日 1965年(昭和40年)1月4日

伊藤博文

C号券
発行開始日 1963年(昭和38年)11月1日
支払停止日 1986年(昭和61年)1月4日

夏目漱石

D号券
発行開始日 1984年(昭和59年)11月1日
支払停止日 2007年(平成19年)4月2日

野口英世

E号券
発行開始日 2004年(平成16年)11月1日

北里柴三郎

引用:wikipedia

北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) – 1931年(昭和6年)6月13日)は、日本の医学者・細菌学者である。貴族院議員・従二位・勲一等・男爵・医学博士。

私立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園(現在の北里大学北里研究所病院)創立者兼運営者、第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者(15名の内の1人)、私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖、慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長。

「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した。門下生らはドンネル先生との愛称で畏れられて、親しまれていた

終わりに

【速報】2004年以来、久々に紙幣が刷新されます。1万円札は渋沢栄一、1000円札は北里柴三郎、5000円札は津田梅子の肖像画が検討されています。

新しい1万円札の人物 「渋沢栄一」とは?令和に紙幣刷新

新しい5千円札の人物 「津田梅子」とは?令和に紙幣刷新

新しい千円札の人物 「北里柴三郎」とは?令和に紙幣刷新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です