『AdSense ポリシーが変更されました』…どこが?どんな風に?


重要なお知らせ: AdSense ポリシーが変更されました






こんな内容のメールがGoogleさんから届きました。
内容を理解する為に全文を転記しました。

 

平素より AdSense をご利用いただき、誠にありがとうございます。
去る 8 月に、AdSense をご利用中の皆様にメールと変更履歴を通じてご連絡いたしましたとおり、サイト運営者様 / パブリッシャー様向けの Google サービス(AdSense、AdMob、アド マネージャー)に関するポリシーに、本日付けで変更が適用されました。現時点で必要な対応はありませんが、お客様のコンテンツが引き続きポリシーに準拠した状態となるよう、本メール、AdSense ヘルプセンター、AdSense ポリシー センターの内容をご確認ください。

変更点:
本日をもって、サイト運営者様 / パブリッシャー様のコンテンツに関するポリシーの構成をシンプルにして、広告掲載が認められないコンテンツと広告掲載が制限されるコンテンツを明確に分けました。
Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー: このポリシーでは、サイト運営者様およびパブリッシャー様向けのすべての Google サービスで、広告掲載が許可されないコンテンツの種類を示しています。
Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項: 広告掲載による収益化が制限されるコンテンツの種類を示しています。

 

AdSense サイト運営者様への影響:
Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項が適用されるコンテンツの収益化は、今後ポリシー違反にはあたらなくなります。ただし、該当コンテンツでの広告の表示は、供給元である広告サービスでの設定や、広告主による個々の設定に応じた制限を受けます。場合によっては、そうした広告枠への入札がまったく発生せず、広告が表示されないこともあります。以上のことから、Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項が適用されるコンテンツでは、広告枠を配置して収益化の対象とすることはできますが、制限事項が適用されない他のコンテンツに比べ、広告配信の回数が減少すると見込まれます。
Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーに違反するコンテンツでは、広告配信による収益化が許可されず、広告を配置することもできません。ポリシー違反のコンテンツを収益化しようとすると、アカウントが一時的または恒久的に停止される可能性があります。
こうした変更に伴って、AdSense ポリシー センターに [要修正] と [広告配信ステータス] という 2 つの新しい列が追加されます。[要修正] 列は、修正すべきポリシー違反の問題があるかどうかを示します。[広告配信ステータス] 列は、ポリシー違反や需要制限が原因で広告配信が停止していないかどうかを示します。サイト、サイトのセクション、ページでの広告配信が制限されている場合には、以前と同様に AdSense ポリシー センターで、その原因と考えられる問題点に関する詳しい情報と、広告配信の問題を解消して再審査をリクエストする方法をご確認いただけます。
なお、これらのポリシーと制限事項は、Google サイト運営者 / パブリッシャー向けサービスのご利用に適用される他のポリシーに追加する形で適用されます。

 

必要なご対応:
AdSense ヘルプセンターとポリシー センターが更新され、ポリシー制限事項に内容が分けられました。これらの内容をご確認のうえ、変更点をよく理解し、お客様のコンテンツが引き続きポリシーに準拠するようご対応ください。
今後、AdSense に適用されるポリシーと制限事項の更新情報については、こちらの変更履歴でお知らせしてまいります。サイト運営者様 / パブリッシャー様におかれましては、最新のポリシーを常に把握し、遵守していただきますようお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
Google AdSense チーム

 

 

私がやること

1 現時点では何もやらない(対応しなくてもよい)。
2 AdSense ポリシー センターの内容を確認する。
3 コンテンツの内容によっては広告が表示されなくなる(確認する)。
4 その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です