YouTube動画の再生回数を伸ばす関連動画対策とは?簡単な方法


YouTubeに動画をアップロードしていますか!?
今回は、YouTube動画の再生回数を伸ばす方法の一つ、「関連動画対策」をご紹介します。

そもそも関連動画とは?

%e9%96%a2%e9%80%a3%e5%8b%95%e7%94%bb
YouTubeの動画再生ページで、右側に表示されるのが「関連動画」です。

動画を見終わった時に、次に動画を見たいと思った時、再び検索窓にキーワードを入れて動画を検索する人は40%という数字が出ています。残りの60%の人は、右側に表示される「関連動画」から次に見たい動画を見つけています。あなたもそうでしょう!

そんなことで、動画再生画面で関連動画に自分のYouTube動画が表示されれば、見てもらえる、再生してもらえる可能性が高くなるのは、ごく当たり前のこと。それでは、どのようにして、この「関連動画」に表示させることができるのでしょう。

関連動画に表示させる3つの方法

関連動画に表示されやすくするためには、動画のタイトルや説明文、タグに入っているキーワードが近い事で表示されやすくなります。
と言うことは、タイトルの頭の文字が同じだったりすれば、「関連動画」として表示されるということになります。

しかし、「関連動画」に表示される動画数も限られていますので、ビッグキーワードだと「関連動画」からあふれてしまい、表示されないこともあります。そこで、簡単にできる「関連動画」に表示させる方法をお伝えしましょう。

説明欄に関連動画のタイトルとURLを貼る

自分の動画と関連のある動画を検索します。そして、その動画のタイトルとURLを自分の動画の説明欄に貼ってしまいます。できれば、3つ位の動画を見つけて、貼ってみましょう。

例えば、「黒田博樹投手 永久欠番「15」」という動画を自分で作ったとします。「黒田弘樹」とYouTubeで検索をしてみます。すると、「黒田弘樹」というキーワードでたくさんの動画が表示されますので、一つ一つ動画を再生して、その動画のタイトルとURLを説明文に貼ります。

<説明文>
6

このように、動画のタイトルとURLを説明文に貼ります。

関連動画のタグをパクる

関連動画に紐づけられる、もう一つの方法が「タグをパクる」と言うことです。「パクる」というと聞き覚えが悪いですが、一つの方法なのです。動画のタグを自分の動画のタグにそのまま追加しましょう。

動画のタグを調べるには、動画ページで「右クリック」して「ページのソースを表示」をクリックしてください。

00

そうすると、たくさんの英数字が表示された画面が出てきますので、下にスクロールして、「meta name=”keywords“」という所を探してください。それ以降に書かれているのが、この動画の「タグ」になりますので、そのタグをコピーして、自身の動画のタグに追加します。

000

0001

これで「関連動画」に表示されやすくなりますが、自身の動画数が増えてきたら、自分の動画を自分の関連動画にすることで、一つの動画が爆発することで、自身の動画も追随して再生回数を伸ばすことができます。

全ての動画のタグに特有な名前を入れる

タグも関連動画に関連したもので、このタグによっても関連動画が表示されやすくなります。動画数が増えてくる頃に、自作自演てきなタグの操作で関連動画に表示されやすくもなります。

例えば、タグの一番最初に、自身の動画チャンネル名を入れます。そしてすべての動画に統一した単語を入れておくことで、関連動画が表示されやすくなります。
私の場合は、「エンタメomoto」です。どんな単語でも良いのですが、他にない単語にします。

まとめ

YouTube動画は、再生数が命です。その再生数を伸ばす一つの方法が「関連動画」対策です。関連動画のタイトルとURLを説明文に貼る、タグをパクる、自身の動画のタグを特有な単語で統一する。などなど。

そんなに難しいことではないので、動画数が少ない時は、是非取り組んでください。そのまま何もしないで再生数が伸びるのを待つよりも早く効果が出てくるはずです。もしも、それでも再生数が伸びない時は、他を検討しましょう。その方法は、別の所でお伝えします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です